SENNHEISER ゼンハイザー IE80 のリケーブルを試す!

3月 08, 2017

リケーブルとは?


さて前のブログでは高級イヤホン「SENNHEISER ゼンハイザー IE80」のレビューを行いましたが、このような割と高いイヤホンを買ったときに気になるのがイヤホンケーブルの断線です。

私がこれまでイヤホンを使ってきた経験上でも、イヤホン本体が不具合を起こすことは少なく使えなくなる理由の殆どはイヤホンケーブルの断線によるものでした。

少々乱暴な言い方をすればケーブルの寿命=イヤホンの寿命みたいなものなのかなと。

ですので、もし外で使用することを想定してるのであればイヤホンはできるだけ丈夫なケーブルを持つものを買うべきだと思います。

しかし、そのような悩みを即座に解決してくれるような機構が高級イヤホンには付いています(ついてないのもありますが・・・)。

それがこのイヤホンケーブルのリケーブル(ケーブル交換)です。

イヤホンケーブルが使えないのなら交換しちゃえばいいじゃない!という確かにその通りだと思えるようなことも安価なイヤホンでは無理な注文。

ですがある程度のイヤホンにもなるとリケーブル可能なものも多く、断線したケーブル交換から自分の好みな音にするために交換するなどリケーブルする用途は様々ですがより汎用性が高い仕様になっているんですよね。

IE80もリケーブル可能なイヤホンです。

純正ケーブルは細めで耳掛けで使うのも困難でしたし、何よりリモコンが付いていないので音楽を聴いているときに音量の調節や曲のスキップなどができないのがかなり不満でした。

なので今回はそれらの不満も解消できるようケーブルを選び、IE80をより使いやすいイヤホンに進化させていきたいと思います!!



ケーブルを選ぶ



とりあえず手っ取り早くAmazonで「IE80 ケーブル」などで検索かけてみますと、出るわ出るわ交換用のケーブルが。

値段帯も1000円ほどの安価なものから1万円を超える本格的なものまで。

これは迷いますね。




純正と書かれたものは5,000円ほどらしいですが、Amazonだと3,500円くらいででています。

つまり、純正じゃなくともそのくらいの価格帯のを選べば純正と比べ著しく性能が低下するようなことはないでしょう。




しかしリモコン付きのもは少なく、今回は値段とケーブルの材質からこれをチョイスしました。

2,300円ならそこまで痛手ではないですし。




OKCSC イヤホン用ケーブルをIE80に装着する



Amazonで注文したら家のポストのすぐに到着しました。




本当はブラックのシンプルなケーブルが良かったですが安いので仕方ないですね。




そしてこちらがリモコン。

かなり安っぽいし仕様です。

一応、+/-で音量調整、‥のボタンで曲操作ができ1度押すと一時停止、2度素早く押すと曲をスキップ、3度素早く押すと曲を戻すことができます。

この辺はどのイヤホンでも同じですね。




イヤホンジャックは純正がシルバーでしたが、新しいケーブルはゴールドです。

また、純正はL字でしたが新しいケーブルはストレートタイプ。

L時の方が断線しにくい気がしますが、ケーブルの太さは新しいケーブルの方が若干太く、また素材も癖がつきにくいものなので断線の心配は純正よりは安心できるかも。




さっそく交換してみました。

音質、リモコンの操作感を確認しましたが概ね問題なし。

気になった音質ですが、Amazonのレビュー通り基本的には純正と大差ないですね。

若干高音低音のメリハリがなくなったかな?

その代わりボーカルの声が前面に出てくれるようになったような、う~んこの辺は感覚的なものになるのでハッキリわかりませんがただ著しい音質の低下なんてことはありませんでした。

また、リモコンですがボタンはあるクリック感があり押しても反応しにくいなんてことは無いですね。

ただ、押し間違えには注意が必要ですし手探りで操作しようとしたら、音量調節部分はフラットなんでどこがボタンか分かりにくいです。

安いから仕方ないですね。

マイクもキチンと使えます。

ケーブルの質感が純正と違ってシッカリしたものになり、ちゃんと耳にイヤホンをハメて合わせればプラプラ線が浮くこともなくなったのでその辺は良かったです。

あとはどれだけ断線せずに持つかですが、万が一断線してもすぐにケーブルを交換できるのは気持ち的にも楽ですね。

これからもIE80をガンガン使っていきたいです。

Artikel Terkait

Previous
Next Post »

Popular