汽車なお店はいかがかな? -Cafe&Takeout Chou Chou Pot  シュシュポット-
4月 27, 2019 0

汽車の側に佇む落ち着いたお店


豊岡の林檎の花を楽しんだあとは楽しいランチタイム。
どこにしようか迷ったのですが、たまたま見かけたこちらのお店に入ることにしました。
GW到来! 10連休を遊び尽くせ!!
4月 27, 2019 0

今年のGWは一体どうなる!?


とうとうこの日がやってきましたね!
待ちに待った大型連休ゴールデンウィーク!!
GITZO GK2454T-82QD開封レビュー
4月 14, 2019 0

ITZO GK2454T-82QDを購入しました


前回のブログ、


これぞ三脚の決定版!! 私がGITZO GK2454T-82QDを買ったわけ
https://krdayji1988.blogspot.com/2019/04/gitzo-gk2454t-82qd.html
ゆうのひとりごと


にてGITZOの三脚について紹介しましたが、今回は私が購入したGITZOの三脚「 GK2454T-82QD」を紹介していきたいと思います。
これぞ三脚の決定版!! 私がGITZO GK2454T-82QDを買ったわけ
4月 14, 2019 0

いつかはGITZO!!


カメラ趣味を続けている方にとって「GITZO」というブランドを聞いて、ピンと来ない方は居ないのでは無いでしょう。
もし、何そのブランド?という方が居たら少々長いですがお付き合いいただけたら幸いです。

もう三脚で迷わないために 回り道しない三脚の選び方
4月 14, 2019 0

私の三脚歴


カメラ趣味を続けている人にとっていつかは手に入れる、あるいはすでに手に入れているものの一つが三脚だと思います。
さくらを見に行こうin三田市 武庫川に咲くさくら
4月 13, 2019 0

三田の桜も結構いいですよ


猪名川に続いてやって来たのが三田市の武庫川沿い。
三田市もいくつか桜のスポットがあるのですが、武庫川沿いの桜は結構きれいです。
さくらを見に行こうin猪名川 い~な!!さくら通りと屏風岩
4月 13, 2019 0

猪名川町の桜の名所


今日も快晴!
普段なら4月の2周目ともなると桜も散ってしまうかというところですが、今年の桜は咲いてから散るまで長いですねぇ!
芦屋桜まつりに行く⑤ バームクーヘンが美味しい! FRANCY JEFFERS CAFE (フランシージェファーズカフェ)
4月 06, 2019 0

阪神芦屋駅近くの新しいお店


さて次の予定まで少しばかり時間を潰す必要がありましたので、やってきたのがこちら。
”FRANCY JEFFERS CAFE (フランシージェファーズカフェ)”です。
芦屋桜まつりに行く④ 芦屋景観重要建造物第2号!! 芦屋カトリック教会
4月 06, 2019 0

あの映画でも使われたカトリック教会!!


昼食をとったあとは芦屋さくらまつりのOPを見学しました。
こちらが河川敷に設営されたステージです。
芦屋桜まつりに行く③ 白菜たっぷり! やまとラーメン香雲堂
4月 06, 2019 0

白菜タップリ!甘みタップリ!やまとラーメン


桜まつりを横目に見ながら、そろそろお昼だなと思いやってきたのが、2号線沿いにあるラーメン屋”やまとラーメン香雲堂 芦屋店”です。
芦屋桜まつりに行く② 県の景観重要建造物 芦屋仏教会館
4月 06, 2019 0

震災にも耐え、曳家で移築もされた近代建築


ヨドコウ迎賓館を見た後は芦屋川の桜を見ながら下流の方へ下っていきました。
芦屋川沿いの桜は大きく川側へせり出して生えているので、河川敷にビニールシートを敷いて花見をするのはとても気持ちが良さそうですよね。
芦屋桜まつりに行く① 改修されてすっかりリフレッシュ!? ヨドコウ迎賓館
4月 06, 2019 0

Leica Qで芦屋撮影


前回、新しく買ったカメラ”Leica Q”。
今日はLeica Qの写りを確かめるために芦屋までやってきました!
Leica Qレビュー。ストラップとボディケースは必須アイテム!!
4月 02, 2019 0

気になっていたストラップとオシャレなボディケース


さて、前回に引き続きLeica Qのレビューをしていきたいと思います。
とは言ってもLeica Q本体については前回レビューしました。
Leica Q開封レビュー。デザインはもちろん使い勝手もかなり向上したライカコンデジ
4月 02, 2019 0

Leica Qセット一括購入!


前回のブログでも説明しましたが、新しく購入したコンデジ”Leica Q Typ116”の開封レビューをしていきたいと思います。

Leica Qレビュー。結局最後はLeicaに行き着く
4月 02, 2019 0

理想のコンデジとは・・・

さて色々カメラを買い換えるゆうですが、最近はFUJIFILMのX100Fを使っていたんですよね。
京都梅物語⑦ ~城南宮 しだれ梅と椿まつり~
3月 02, 2019 0

椿は落ちて梅が咲く


さていよいよ最後の目的地である城南宮 梅苑にやってきました!
受付で料金を支払い奥へと進んでいきます。

京都梅物語⑥ ~城南宮 参道を歩く~
3月 02, 2019 0

いざ、城南宮へ


今日最後の撮影地、城南宮へ向かうため四条駅から京都市営地下鉄に乗り、竹田駅までやってきました。
私にとっては城南宮は高速道路の京都南ICを降りてすぐのイメージですが、公共の交通機関を使うとしたらこの駅が最寄り駅になるんですねぇ。

京都梅物語⑤ ~ドカ盛り!! 四条にぼ次朗~
3月 02, 2019 0

一体どこにあるのか 幻(?)の店舗


ライカショップには残念ながら振られましたが、ここは気を取り直して昼食でもとってから、新たな撮影地に向かいたい処。

京都梅物語④ ~祇園の街を歩く~
3月 02, 2019 0

京都と言ったらやっぱりこの場所


北野天満宮の梅苑を堪能した後は、いつものとおり祇園に向かいました。
京都市に観光に来るならすっかり定番のルートです。
京都梅物語③ ~北野天満宮の梅苑~
3月 02, 2019 0

いざ梅苑へ


ではいよいよ梅苑へ向かおうと思います。
開始直後は長蛇の列が出来ていましたが、境内をグルっと一周してきたときには列は解消されていました。

京都梅物語② ~北野天満宮到着!!~
3月 02, 2019 0

北野天満宮無事到着


北野天満宮に到着したのは9時前。
ちょうどいい時間に到着できましたね。
この時間ならまだ人もそこまでいない・・・というわけでもないですが、朝方でここまでの人混みならピーク時はどんな感じになっているんでしょ。

京都梅物語① ~西京駅から北野天満宮まで~
3月 02, 2019 0

京都に行くなら阪急で


今日は快晴。
・・・という予報だったのですか若干曇り。
真っ青な空ではないですが、見頃の梅を期待して降り立ったのは阪急西院駅。
唐揚げが山盛りだ~!! ~焼き鶏研究処 とりけん 神戸元町店 の からあげ定食~
3月 01, 2019 0

500円でお腹いっぱいになれるランチメニュー


さて、今日は元町まで出張に来たのですが、どこで昼飯を食べようかと迷っているとき立ち寄ったのがこちら”焼き鶏研究処 とりけん 神戸元町店”。
まさに隠れ家?! ~CAFE MEME(カフェ メメ)~
2月 24, 2019 0

コーヒー通なら一見の価値あり!リノベーションカフェ「MEME(メメ)」

さて今日の旅ももう終わり。
朝から淡路島に渡ったりと色々車で走りましたが、少しどこかオシャレなカフェで休憩して帰ろうかと思ったのですが。
これぞホントのパワーストーン?! ~生石神社の石の宝殿~
2月 24, 2019 0

水に浮かぶ神秘の巨石


昼食後に訪れたのは高砂市にあるちょっと不思議な神社”生石神社(おうしこじんじゃ)”。
辺りは平たい地形なんですが、この場所だけ宝殿山という山になっており、神社はその山の山頂付近にあります。



正式な参道は神社の東側から長い階段を上がっていくのですが、車で訪れる場合は西側から車道を登っていくことになります。



神社の付近は切り立った崖があちらこちらに見受けられます。
なんでもこの山付近は宝殿石(竜山石)と呼ばれる流紋岩質溶結凝灰岩と呼ばれる岩石で、加工が容易なため昔から石材として重宝されてきたんだとか。



古代は石棺として、中世にはあの姫路城や明石城の建築にも多く使われたらしいです。
近世では国会議事堂や帝国ホテルなんかにも石材として活用されていたそうですよ。
これらの建物は栃木県の大谷石の使用が有名ですが、この山の石材も使われていたんですねぇ。



さてそんな石の神社ですが、この神社もっと凄いものも祀っているんですよ。



入り口の鳥居付近には石の宝殿という記載がありますが、この石の宝殿こそこの神社の御神体。
一度見たかったんですよね、なんせ「日本三奇」の一つとされているとっても摩訶不思議な御神体なんです。



とはいえ、「日本三奇」と言っても
・宮城御釡神社の神竈
・兵庫県生石神社の石の宝殿
・宮崎県霧島東神社の天逆鉾
とサラサラ出てくる人はほぼいないんじゃないかと・・・。

いたとしたら…相当マニアックな方ですね!



とはいえ地元兵庫県にその三奇の一つがあるなら見とかない理由はありませんよね。



拝殿の前にはこのように下にずーっと伸びた階段が。
この階段を登ってくるのが正規ルートです。



拝観料はもちろん無料。
お賽銭だけ用意して奥へ進みましょう。



拝殿の入り口をくぐると横に霊岩があります。
なんでもお参りをする際、岩を力いっぱい押して、押した手で自分の病部分を撫でると、治癒するんだとか。



そして奥に進むと石の宝殿があります。



ではいよいよご対面。
日本三奇、石の宝殿です。



でーん!!
これは大きい。

ぶっちゃけ超広角レンズじゃないと入り切らないほどの大きさです。
そして下には水面があり、確かに浮いているように見えます(実際は浮いてないんですけどね)。



石の宝殿の周りはぐるっと一周できます。
裏側には祠が鎮座しています。



しかし確かに不思議な場所ですねぇ。
一体誰が何のためにどうやって作ったんでしょう?

実際に今でも誰が何の目的で作ったかは謎とされています。



ちなみに拝殿横には岩を削って作った階段があり、宝殿山の山頂まで行くことが出来ます。



登っていくと石の宝殿の上部を見ることが出来ます。
石の上にも木々が茂っており、作られてから相当な年月が経っていることが分かります。



生石神社の向かい側には大きく切り立った崖があります。
崖の麓には重機があるので、石切場なのかもしれません。



ちょっとの登ると周りの街が一望できます。
周りが平地なことがよく分かると思います。



ほんの3分くらい歩けば山頂につけます。
あっという間ですね。



そしてこちらが山頂。
なんだか不思議な感じ。



山頂付近には休めるところがあり、小学生くらいの子どもたちがおやつを広げて食べてました。
今日はほんと気持ちいくら位のピクニック日和でしたね。



というわけでこのへんで帰ることにしますか。



帰りは別の方から。
どっちから行っても距離は同じくらいです。

あっという間に下に到着します。



生石神社結構面白い神社ですね。
ただパワースポットと言われるとうーん・・・。

午前中に寄った舟木石上神社の方がよっぽどスピリチュアルな雰囲気でしたけどね。
ただ不思議感は十分感じれました。

さて、今日の遠出はこの辺にして帰路につきますか。
ただ家に帰る前にどっかでお茶でもしていきたいなぁ。

Popular