MTB補修計画 その3
MTB補修計画 その3
12月 31, 2013 0
この前MTBのブレーキレバーやら前輪ブレーキやら変えましたが、後輪ブレーキ用のワイヤーに不具合が出たと言いました。



不具合箇所はこちら。
ここを勢い余って折ってしまってちょっと周りより膨らんでいることがわかると思います。
こうなるとインナーワイヤー内をスムーズに通らなくなるので、うまくブレーキが戻らないのです。



Amazonで注文していたインナーワイヤーが届いたので、今日早速古いインナーワイヤーと交換してブレーキを調整してみました。



そして無事完成!
前輪、後輪ともにブレーキの効きは良好。
ペダルもいい感じに周ります。


ただ、やはりビンディングペダルはビンディングシューズを使わないと使いにくいので、何度か試したあとは日常用にフラットペダルに変えようと思います。
普段使い用のビンディングシューズを買うという手もありますがね(笑


てな感じで、さくっとMTBを直した後はいよいよママチャリの改修をしようと思います。






ママチャリ改修計画 その2
ママチャリ改修計画 その2
12月 31, 2013 0

Amazonからパーツも届いたことですし、早速壊れたパーツを交換し、ついでに各所をメンテナンスしていきたいと思います。



というわけで、まずは自転車を裏返します。
タイヤ周りはこうやって反対にしたほうが整備しやすいです。
作業スタンドがあるならそれを使うのがいいでしょうが。


もし裏返して作業する機会がありましたら、ハンドル周りが傷つかないようにちゃんと下に何か引いて下さいね。



前輪を止めてるナットも結構錆びてますね。
傷ついて表面の塗装やメッキが剥がれるとあっという間に錆びます。
ホントはこういうのも交換したいですね。



ナットを外した後は各パーツのハマっている順番をちゃんと覚えておいて下さいね。
分解の基本は最後にきちんと組み立てれるかですから。
最近ですとメモ代わりに写真を撮っておけるので楽ですね。



片方のナットを外した後は反対側を外しますが、こうやって逆側をレンチで抑えてないとうまくナットを回せません。
1本しかレンチがないとちょっと分解は厳しいかもしれませんねぇ。


そして車輪が外れました。
今日はついでに車輪の中心にあるハブも分解していきたいと思います。
買った時から一切メンテナンスをしてないから中はどうなっているのやら。



ハブを分解するときも片方のナットをレンチで固定した状態でもう片方を回していきます。
そしてもう一つ注意することが。
もうちょっと見えていますが、ハブの中には何かが入っています。
それをぶちまけないように注意しながら分解してください。



そしてこれがハブの内部です。
ベアリングが全部で10個入っています。
これをなくさないよう全部取り出します。


そしてもう片方のナットはネジについたままでいいのでそのままハブから抜き取ります。


ベアリングは何かの蓋とかに入れておけば安心です。



そしてこれがハブの内部。
ええ、ドロドロです。
元はグリスが塗ってあったんでしょうがすっかり固まって汚れたい放題と言った感じ。



中心の棒や左右の蓋もドロドロ。
これじゃスムーズな走行なんて期待出来ません。


というわけで、シリコンスプレーや556で各パーツを洗浄していきます。



雨水とかには当たってないので錆は目立ちません。
ちゃんと汚れを拭き取るとここまでキレイになりました。


ハブも内部まで布を突っ込んで汚れを拭き取りました。
これで下準備は完了。


あとは組み立てていくだけです。



まずはハブにタップリとデュラグリスを塗ります。
え?こんなに塗るの?と思うかもしれませんが基本的にハブ内はグリスマシマシらしいので。


そしてベアリングをキレイに並べ


上からもグリスを塗ります。



もちろん中央の棒にもグリスを塗って、



元通り閉めて完成。
あふれたグリスは拭き取りましょう。


これで前輪のメンテナンスは終了。
試しにハブの両側を持って車輪を回してみますとママチャリとは一体どういうものなのかよく分かります。


というのも自転車で早くスムーズに走るのに重要なのはこのホイールやハブ、クランクの根本のBBと呼ばれるパーツなのです。
ここのパーツを精度のいいものに変えてやるだけで走りが見違えるといいます。


で、このママチャリはどうかというと。
すごくブレます。
ホイールの精度、ハブの精度が最悪なんでしょう。
手で持って回すとそれがよく分かる。
なるほどこれがママチャリなんだなぁといった感じです。


私が買ったTTバイクに最初からついてるホイールやハブはそう高いものではありませんが、台に固定してやりクランクを1回してやるだけで車輪は1分くらいは回り続けてくれます。(高い奴は2~3分くらいは回り続けるそうな。スゴイですねぇ。)
つまり、ペダルを踏んだ力が無駄なく車輪に伝わっているということなんですね。


これが値段の差というものです。
ちなみにママチャリも30万円くらい金をかけるならスイスイ走れるのが出来ると思いますがそれは無理な話で。
まぁ、そうやって比べて見ていくとやっぱ高い自転車は高いなりにスゴイということがよく分かって面白い。


さて次は前輪のブレーキを交換しましょう。

このサビサビになったブレーキを



新しく買ったこいつに変えます。
が、ここで問題発生!!


なんとこのブレーキ、取り付け用のネジ部が短すぎてフォークに固定できないのです!!
これは困りました。
長すぎるなら切ってやればいいのですが、短いとどうにもなりません・・・。


仕方ないので一旦作業を中断し、昼食を食べた後ホームセンターでパーツを買ってくることにします。
一度、自転車や工具を片づけます。


そして昼食までまだ時間が合ったので車を洗車しておきました。
年明け前に車もキレイにしておいてやろうってわけです。
もちろん手洗い。


やはり洗車は機械より手洗いに限ります。
そして窓の内側や外側をキレイに拭いて、このまえ塗料を塗りなおした部分をコンパウンドで磨き、全体にワックスをかけたところで12時過ぎとなりました。


昼飯を食べたらブレーキを買いに行きましょう。


というわけで買って来ました。
ついでに自転車に取り付ける鍵も買って来ました。
いちいち別の鍵を持ち歩くのはめんどいんで。
やっぱママチャリといえば自転車側についてる鍵ですよね。




というわけで前部ブレーキ交換完了。
最初ついてたのと同じようなものがあってよかったです。



続いて、変速機を変えていきます。
古いグリップも再利用するのでちぎらないようにうまくハンドルから抜き取ります。


ほんとはグリップも変えるのなら古いのはハサミとかで切っていけば簡単に取れます。
そうでない場合は細い棒などをグリップのに差し込み少し隙間を開けた後にスプレーなどで水をグリップとハンドルの間にかけてやれば、摩擦が減ってグリップがスポッと抜けます。



そして新しい変速機です。
普通のママチャリというよりスポーツタイプのものようなきがしないでもないですが、使えれば良し!




変速機をを差し込み、


グリップを元に戻して作業完了。
グリップをはめるときも水で濡らしておけばはめやすいですよ。

そして案の定、グリップがちょっと飛び出してしまったため、ブレーキと変速機を内側によせ再度固定しました。


ハンドル部が出来上がったということで前輪のブレーキワイヤーを交換し、ブレーキの調整を先にすましてから後輪部に移っていきます。




まずはこちらに鍵を取り付けましょう。
この自転車は本体にネジ穴が空いているみたいですねぇ。



今日買ってきた鍵の裏についてる金属の出っ張りを削除します。
ホントはここに金属板をかまして取り付けるのですが、この自転車にはこの部分は邪魔になるみたいです。


そして取り付けようとすると・・・。


再び問題が!



鍵についてきたネジでは自転車側のネジと合わないのです。
どうやら自転車側の方が一回り大きい感じ。
う~む、まぁこういうことはよくあります。


また、ネジを買い直してそのといに鍵は取り付けましょう。



というわけで先に変速機のワイヤーを交換しておきます。

こちらが後輪部にある変速機です。
私も初めて見ました。
最初は樹脂製のカバーで覆われておりますが、それを取るとこんな感じになっているんですね。


どうやら変速機を動かすとワイヤーが引かれ、それに連動してレバーが引かれ、棒が押される仕組みです。
棒を押し込んで行ったら変速できるみたいですねぇ。
押しこめば変速できることは分かりましたが、なぜ棒を押し込んだら変速できるのか。
それはまた今度調べてみましょう。



そして変速機のワイヤーをフレームのワイヤーガイドに通していき、ここまで引っ張ってきてワイヤーを張り替えました。
あとはアウターの長さとワイヤーの長さを調整しするだけ。


そして何度も変速機を動かしながらちゃんと変速できるか見てみます。




1段の時はこんな状態。
ほぼレバーは棒に触れない状態ですね。




そして変速機を回し2段にするとレバーがワイヤーによって引っ張られ棒を少し押しました。
これで少しペダルを漕ぐのが重くなるわけです。



そして3段。
完全に棒が押し込まれました。
ギアを変えなくても変速できるってなんだか変な感じです。


内装変速機ってスゴイ!
これのメリットは停車時、ギアが回ってなくても変速ができることですね。
普通の自転車ならギアを変えるのはチェーンの動力を使って変えますので、ペダルを漕いでないときに変速機を動かすのはご法度ですからね。


ちなみにこの棒も取り出すと真っ黒だったので556で洗っ後、デュラグリスをたっぷりつけてやりました。


ちなみに上の変速に寄る変化の写真を撮ったのはじつは翌日になってからで、今日はこの変速機の調整を終えたとこで当たりは真っ暗。


なので後輪ブレーキワイヤーの交換、及び調整などは明日にすることにします。
明日はいよいよ大晦日。


今年もあともう少しで終わりますね。



お伊勢参り ~外宮編~
お伊勢参り ~外宮編~
12月 30, 2013 0
伊勢神宮。
日本人なら誰もが1度は訪れてみたい神社の一つではないでしょうか。
三重県伊勢市にあり、親しみを込めて「お伊勢さん」や「大神宮さん」とも呼ばれています。


神社本庁の本宗で神階が授与されたことのない神社の1つ。
明治時代から戦前までは社格の対象外とされたりと、色々特別な神社であります。

それもそのはずでここに祀られてるのがかの有名な太陽の神「天照大御神」ですね。
イザナギが黄泉の国で変わり果てたイザナミに会い、必死で逃げ帰った後に川で穢れを洗い流していた時に生まれた三貴子の一人、ちなみに天照大御神は左目から生まれました。

親の言いつけを守って高天原を治めていたのに素盞鳴尊が殴りこんでくるわ、勝手に勝負になるわ(しかも負ける)、好き勝手した挙句に部下が一人死ぬわでもう嫌になって天岩戸に引きこもった日本最古の引きこもり。
やんちゃな弟に日々頭を悩ます女神ですが実は一部では男なのでは?と噂され更に胃が痛くなる毎日を送っているそんな神様なのでした。


その天照大御神を祀っている明神神社の総本山がこの「伊勢神宮」なんですね。
前から1度は訪れてみたいと思っていましたが、今年はなんでも20年に1度の遷宮の年だったらしく、今年中にお参りすればご利益マシマシなんだとか。
なんだかちょっと不純な動機な気もしないではないですが、ピッカピカになった社殿を見るのにちょうどいいでしょうし、年末のこの時期ならもしかしたら多少は人が少ないかも?

そんな気持ちで伊勢神宮に行くことになったのでした・・・。


さて時刻は朝の7時40分。
まぁ8時前といっていいでしょう。

家から伊勢神宮までは車で3時間ほど。
今回の旅は、まず朝に家を出て、伊勢市に到着。
駐車場を探し、外宮(げぐう)をまわってからタクシーで内宮前のおかげ横丁に行き、そこで昼食を食べて内宮(ないぐう)をまわり、時間が余れば他も見るという計画です。



そして車を走らせ午前10時45分。
外宮の臨時駐車場、伊勢念法寺横の駐車場に止めることが出来ました。

ここから徒歩5分くらいあるくと外宮に着きます。


伊勢参りは歩いてなんぼ。
さて早速外宮へ行きますか!



そしてこれが外宮前。
結構人がいますねぇ。


こちらが外宮前のバス停ですね。
伊勢参りは基本外宮に行った後、内宮に行くのでここから内宮行きのバスが結構出てるそうな。
それでもかなりの人数が並んでいるように見れます。



先ほど伊勢神宮は「天照大御神」を祀っていると言いましたが、それは内宮「皇大神宮」のことで、この外宮「豊受大神宮」には衣食住の恵みを与えてださる神「豊受大御神」が祀られています。




道から入ってすぐにバスやタクシーのロータリーがあり、その奥の鳥居をくぐって正宮まで行きます。


入口近くのせんぐう館は20年ごとに行われてきた年式遷宮を伝えていくという理念で建てられ、中には工事に使われた道具、神事や装束、神宝などの一部が展示されているらしいです。




ではさっそく橋をわたって境内に入って行きましょう。
この外宮は右側通行が原則みたいですね。



鳥居をくぐってまた鳥居。
神社の境内は結構木々に覆われて暗い場所が多いですが、そんなとこでも気にせず撮影できるのはいいですねぇ。
とここで一眼レフの素晴らしさを噛み締めたり・・・。


また、戸隠神社の杉並木も撮りに行きたいなぁ。
そういえば戸隠神社のある戸隠山はここの天照大御神が隠れた岩戸なんですよね。
こういうとこで土地と土地の繋がりといいますか、歴史の息吹を感じれれば、日本や歴史がもっと好きになります。

そしてこちらが神楽殿です。
良い空ですね。
今日が晴れで本当に良かった。


明るい空と薄暗い建物。
ダイナミックレンジの大きいデジ一ならどちらも破綻せず撮れます。
最近はコンデジやスマホでもHDR(ハイダイナミックレンジ)が使用出来ますので、こういう風景を撮るときは安心できますよね。


そしてお守りなどはこちらで買えます。
こういう人混みってちょっと困ります。
別に人混みが苦手とかじゃないです。

ブログにアップするときこちらを向いている人にモザイクをいれるのが面倒くさいのです。
ちなみにこのような人混みを撮った場合、肖像権云々は発生しません。
個人を狙って撮ったわけではないですから。
ですが、やはり万人が見るかもしれないネットにアップすると考えると最低限のマナーは守らなきゃいけませんよね。


自動顔モザイク化ソフトとかないかしら?



こういう広い場所は広角が栄えます。
地面に近いとこから撮ると効果倍増です。


しかし、人混みが多い中しゃがんで上に向かって撮るのはいらぬ誤解を招く恐れがあるのでオススメしません。
普通にたって撮影しましょう。




そして広場の入口には人集りができていました。
みんな石に向かってお賽銭を投げているみたいですが、これはなんでしょう?
とりあえず拝んでおきました。



こちら正宮の横にあるのは古殿地でしょうか?
伊勢神宮の社殿は遷宮の度に建て替えるのではなく、別の土地に新しい社殿を造りそこに御神体を遷すのですね。


その後の土地を古殿地と言います。
あと20年後にはこちらにまた新しい社殿が建つのでしょうか。


さていよいよ正宮にお参りです。
向こうの古い塀が恐らく古殿地。
手前の真新しい塀が恐らく今回の遷宮で新たに建てられた社殿なのでしょう。



そしてこちらが正宮です。
すごい人の列です。


しかし、賽銭を入れるところも広く取られていて思ってるより時間はかかりません。
そして左右の出口から出ることになります。
当たり前ですが、正宮の鳥居より向こうは撮影禁止。


ちなみに今回は一度お参りをしてから写真を撮っています。
つまり、上にある写真もすべてお参りをして帰るときに撮ったものなんですよね。


奈良の「宇太水分神社」にあった撮影や見学は参拝を終えてからという注意書きを読んでからは、神社に来たらまず参拝をするようにしています。


そして実際は正宮で参拝を終えて、出口から出てから撮影タイム!!
バシバシ撮ってます。


そしてこの外宮には正宮の他に別宮もあるらしいのでそっちのほうまで足を伸ばしてみました。
しかし・・・



こちらが土宮。
大土乃御祖神を祀っています。


こちらが風宮。
風の神を祀っています。


どっちも人がかなり並んでいます。
そした多賀宮は階段を上がった先にあるのですが、階段の下まで人が並んでいて、社殿すら見えない状態・・・。


今日は時間がないので土宮と風宮をチラ見して帰ることにします。
さて、時刻は11時20分くらいでしょうか。
連れが腹が減ってもうたまらんと文句を言っております。


さて外宮の次は内宮ですが、その前におかげ横丁に行って昼食です。
移動はタクシーがいいと聞いていたのでこの後タクシー乗り場まで行くのですが、そこで待つ数多くの参拝客をこの時は想像もしていないのでした・・・。




伊勢参り ~おかげ横丁・伊勢うどん編~に続く→



Popular