神戸三田のキリンビール工場見学と丘の上のレストランの日替わりランチ

5月 07, 2016

今日は職場の同期と一緒に神戸三田のキリンビール工場見学にいってきました。
実は実家の近くなのですが、工場見学には言ったことがなかったのでちょうどいい機会でしたね。
行くときは予約が必要ですが、GW中でも流石に最後の土曜は人があまりいなかったです。


各エリアでビールについての説明をうけ試食や試飲などができます。
こちらは実際ビールに使われている麦芽。
それを炒ったものを試食することができました。
香ばしくて結構美味しいですね。


そしてこちらがビールづくりにはかかせないホップです。


名前は聞いたことがありますが、こんな植物だったんですねぇ。
ツル科の植物らしく、これを入れることでビールの苦味や香りになるわけです。


こちらが工場内のタンクです。
ここでじっくりビールを熟成させるわけですね。
写真内にもありますが、ここで作られているビールはキリンの一番搾り。


一番搾りとは麦芽をお湯で煮だし、それを搾るときに最初に搾ったものらしいです。
もう一度絞るのが二番搾り。
これは実際試飲することができ、写真で右側の色が濃いほうが一番搾り。
左の薄いほうが二番搾りです。

ビールによって使い分けるそうですが、この工場では一番搾りに使用する原料は一番搾りにだけ使用し、そのあとは二番搾りなどはせず破棄するそうですね。
もちろん、破棄するといってもそのまま生ごみになるかというとそうではなく家畜などの飼料に再利用するそうですが。

見た目からして違いますが、一番搾りと二番搾りは味も全然違います。
一番搾りの方が濃厚で香りもキツイですね。
芳醇といいますか。
このコクと香りこそ一番搾りの美味しさの秘密らしいですねぇ。
ちなみにそのコクと香りをそこまで出したくないビールには二番搾りなどを使うようです。


今日は残念ながら工場はメンテナンス中で動いてる様子が見れませんでしが、ここで毎日大量の一番搾りが生産されてるわけですね。
動いてるところも見たかった。

最後に実際にキリンビールの各製品を試飲できます。
ビールもジョッキで、他にもソフトドリンク等も缶で飲み比べることができますよ。
私たちの仲間は残念ながらビール好きが少ないため約1名ガッツリおかわりしていましたが、他のメンバーはソフトドリンクで楽しみました。

ちなみにここには車で行きましたが、運転手は当然ビールとかは試飲できませんからね。
みんなで楽しみたい場合は送迎バスをご利用ください。


そして最後は工場内にあるレストラン「丘の上のレストラン」にてランチを食べました。
ここは基本パンとサラダが無料のビッフェ形式でおかわりし放題なのです。


メインの1品を選ばないといけませんが今日は丘の上の週替わりランチ1,200円を注文。
確かカツのトマトソースかけだったかな。


ここはパンも美味しいですが、種類の多いサラダも魅力的です。
野菜をたっぷり食べれるのはいいですねぇ。
GWの最後にいい思い出ができました。

あとはこの近くのアウトレットや最近出来ためんたいパークに行くのがこの辺の観光の定番ですが、今回もイオンとアウトレットをぐるっとみんなで見た後、近くのカフェでお茶をして解散となりました。
また、みんなで遊びに行きたいですねぇ。

Artikel Terkait

Previous
Next Post »

Popular