iPhone5 & Xperia Z を比較してみる

4月 14, 2013

iPhone5 VS Xperia Z


というわけで、先週の日曜に手に入れることができた「iPhone5」と「XperiaZ」ですがまだ1週間しか使用してませんが、いろいろ見えてくる部分もありましたので、ここらで両者を比較してみようと思います。


「iPhone5」はもはや説明するまでもない、現時代のスマホの先駆けとも言えるAppleが販売している「iPhoneシリーズ」の最新機です。
その売れ行きは変わらずの様子で去年年末の売上は過去最高になったみたいですね。


「XperiaZ」はSONYが販売しているスマートフォン「Xperiaシリーズ」の最新機。
”打倒iPhone”を掲げ売りだされていたような気がする「Xperia」ですが、正直最初でたときはゆうはあまり興味なかったです。

SONYらしさはありましたし、アプリの見栄えは良かったのですがボディは大きかったし何より動きが遅いということで話題になってましたね。

確か、ゆうが大学に入った頃の話なんでまだ2~3年前なのでしょうがスマホの進化ってすごいですね。


そんな「Xperiaシリーズ」でも『Z』の名を冠する本機「XperiaZ」。
『Z』というのはSONYにとっても特別で、SONY好きなら知ってるでしょうがウォークマンしかり、ノートPCVAIOシリーズしかり、『Z』がつくのはそのシリーズのなかでも最上位機種を表します。


ここにきてやっとSONYの本気が見れるといったところでしょうか。



というわけで早速比較していきましょう。

まずはスペック比較から


iPhone5の販売日が去年の9月でXperiaZが今年の2月9日に販売されました。
スマホの世界では半年経てばもう型落ち機。


すなわち旧世代機となるわけですが、それを考慮しても「XperiaZ」のスペックの高さは群を抜いてますね。
「iPhone5」とスペックで比較した場合、iPhone5がコンパクトで軽量という以外は勝ってる点がありません。


また、去年の年末あたりから出てきだした「フルHD搭載スマホ」。
現時点では
・HTC J Butterfly HTL21 (HTC)
・ARROWS X F-02E (富士通)
・ELUGA X P-02E (パナソニックモバイルコミュニケーションズ)
・Xperia Z SO-02E (ソニーモバイルコミュニケーションズ)
・Optimus G pro L-04E (LGエレクトロニクス)

くらいしかありませんが、その機種の中でもXperiaZのベンチマーク結果は上位に位置します。


大画面で映像などを楽しみたいって方には他のスマホにはないこのフルHD液晶は一番のメリットと言えるでしょう。



*実際に触ってみて*


【持ちやすさ】

実際に触ってみた感想ですが、iPhoneはいつもどおりという感じです。
なんせもともとiPhone4を使用してましたからね。
大きさ自体はそこまで変わらないので違和感はほとんどありませんでした。


ただ、iPhone5に言える不満点としてヘッドホン端子が本体の下にきてしまったということ。
これは液晶の巨大化等々いろいろ合った結果でしょうができれば上の方が良かったです。



XperiaZはやはりデカイですね(笑


iPhoneが出た当時はこんなデカイ携帯を誰が持つんだといろんな雑誌やネットでバカにされてました(自分もこれはデカイだろとか思ってました)が、4インチや4.5インチの液晶が当たり前の時代になってきてからはiPhoneサイズが逆にコンパクトになっているから面白いもんです。


XperiaZは大きなボディの割に薄いんでそこまで巨大には見えませんが、その角ばったボディ故に持ちやすさは他のスマホより劣ると言われてますね。
iPhoneも4になり今のような両面ガラスの角ばった形になったときは持ちにくいだの指紋が目立つなどいろいろ言われてました。


XperiaZのような5インチディスプレイまでくるともはや片手操作でなく両手操作が必須となりそうですね。
特に手が小さい人は要注意です。




【操作感】

これもiPhone5については予想通りといったところ。

ボディサイズは変わらず、画面サイズだけ上下方向にちょっと増えただけで、他は変わりませんし。
ただ、レスポンスはかなり上がったと思います。
iPhone4はいつかのアップデート以来、かなりまったりとした動きになってしまいました・・・。
特に文字を打つときなど早く打つと予測変換が追いつかずストレスがどんどんたまります。
あのとき結構騒がれたんですが、結局対処せずじまいでしたね。


そんなイライラがiPhone5に変えたら解消したことはありがたいことです。
思っていた以上にサクサク動いてくれますね。
Wi-Fiを使用したネットブラウジングでも表示が早くて助かります。



逆にXperiaZについてはほぼ1.5~2倍以上の性能差ですがその性能差はあまり感じれません。
カメラの起動などはiPhone5の方が早いくらいですし。


ただ、これはAndroidとドコモ機種だからという理由ですが文字変換と音声入力についてはiPhone5より上です。
特に音声入力に関してはつたない英語で「Weather Widget」と話してもちゃんと英語スペルで変換してくれます。

しかし、「でき太くんの算数クラブ」を認識したのはiPhone5のSERIの方でしたが・・・。



【使いやすさ】


日常で使う限りは個人的にはiPhone5でいいかって感じです。

ですがこれはゆうがこれまでずっとiPhoneを使ってきたからであって初めて買う分にはXperiaZなどのAndroidもいい機種だと思います。
特にiPhoneは外部メモリを搭載できないのでデータのやり取りが面倒な点もあります。


ですが、iPhoneはiTunesとの連携が楽といえば楽。
特にMacを使用してるなら音楽、連絡先、写真などのバックアップ・同期も簡単ですし、何より買い換えた時に前の環境がそのままPCに繋ぐだけで移せるというのは強みですね。


その点、ビデオとか他のファイルとか頻繁に出し入れするなら外部メモリ使えるAndroidの方が楽かもしれません。



とまあ、1週間使用して感じたのはこのくらいでしょうか。
XperiaZについてはまだまだアプリとかも落としてませんしこれからどんな感じに使ってくか考え中です。
5月からはWi-Fi運用にしようと思ってますしね。


また何か思う所があればレビューしますんでよろしくお願いします。








Artikel Terkait

Previous
Next Post »

Popular