新しい自転車が欲しい!! 

4月 15, 2017
今あるMTBの調子が悪い。

前々から結構ガタが来ていたのでパーツ交換したいなぁと思いつつ騙し騙し使っていたのだが、ここにきて異音もなりだしました。


これはそろそろマジでヤバイかなぁと思い、とりあえず古いパーツを全部交換したらいくらになるか計算見ようと思います。





自転車のパーツをザクッと分けたらこのようになります。

細かく見ていけばもうちょっとあるが、購入してから早8年。

交換したパーツと言えばブレーキとブレーキレバー、シフトレバー、ハンドルグリップ、チェーン、ペダルくらいかな?

ギア周りは全然弄っておらず、最初にコケたときちょっとひん曲がったまま今まで使っていました。

ホイールも荒く乗っていたのでスポークの何本かは曲がっているかもしれません。

フロントフォークも上部の調整用パーツが吹っ飛んでいます。

本来ならフレーム以外全部とっかえたいが、それだとなおさら新しいの買ったほうが…となるので最低限買い替えたいと思うパーツを並べてみましょう。


ハンドルパーツ

とりあえずフロント側から見ていきましょう。
ハンドルバーやステムはそのまま使えるので後はレバー類にフロントフォークが必要だろうかな。






パーツは全てAmazon価格を参考にしてました。

劣化したハンドルグリップにブレーキレバー、Vブレーキ、そしてフロントサスペンション。

パーツのランクは今と同等品で考えるとこれだけでもう軽く2万円は超えてきますね・・・。



変速機パーツ

長く同じ自転車に乗っていると困るのがこの変速機の互換性。

私のMTBはSHIMANOのDEOREというグレードのパーツが付いていますが、私が買ったときには3×8速の構成でした。

しかし、今のDEOREは3×10速になっており、当然そこに互換性はありません。

変速機いわゆるディレイラーを交換する場合、同じDEOREを使うなら後輪のスプロケットも10速用に買えないといけないのです。

この辺が商売上手というかなんというか…。

過去のパーツとの互換性を排除し、買い換えるなら各パーツいっぺんに替えてね!という自転車メーカーの本音が聞こえてくるようです。

安く仕上げるならランクを落としたパーツを使う手もあるしそれで見てみると、






シフトレバーとディレイラーで合計7,000円くらいですか。

これでもかなり安いんですよね。

一番下のグレードですし。


ホイール




安めなのをチョイスしても前後セットで15,000円くらいにはなりますね。




これにあとタイヤとチューブを買い足せば前後で更に5,000円ほどアップ!!



あとはチェーンで2,000円、ペダルも2~3,000円くらいでしょうか。

サクッと合計してみますと58,000円くらいになります。

私の今のMTBが73,000円くらいのを40%引きで4万円ちょいで購入したのでそれ以上のお金をポンと払ってパーツ交換するのなんだかなあと思うわけですよ。

それならその約6万円を次に買う新しい自転車の軍資金に回したほうがいいのではないかと。

というわけで私は今新しい自転車を買うべく色々調べております。

こうやって探しているときが一番楽しいですよね。

ただ自転車は注文したらすぐ来るものでもないですし、今の自転車をもうしばらく整備して騙し騙し乗ってみることにしましょうか。

Artikel Terkait

Previous
Next Post »

Popular