岡山旅行1日目 その3 ~天空の遊び場 西山高原キャンプ場~

8月 20, 2016

さてさて、今日1日で色々見ましたがようやく宿営地にやってきました!
本日泊まるのはここ西山高原キャンプ場です。
うん、全然聞いたこと無い場所。


今回の度は5人で行ったんですが、それだけ人数が多いならコテージ一つ借りたほうが楽だろうってことでここに泊まることにしました。
1泊15,000円ですがそれを5で割るんで一人辺り3,000円くらい。
冷暖房にテレビも完備。
キャンプって感じはしませんよね。


車もすぐそこにおけるので楽です。
調理器具も完備されてますが、後片付けが面倒なので基本はレトルト食品を食べることにしました。
ゴミとかは全部持ち帰りですしね。


タイトルで天空の遊び場とか書いちゃいましたが、このキャンプ上のすぐ下には県下最大のダム備中湖があり、このおかげと言いますか朝にはここら一体霧が立ち込めてまるで雲の上にいるような風景が楽しめるんだとか。

あの天空の城竹田城みたいなものですね。
あれは秋から冬場にかけてタイミング良いときじゃないと見えませんが。


後驚いたのが結構人が居たこと。
コテージは2つしかありまっせんが、反対側にはテントを張れる広場があります。
そにはいくつもテントが張って有り皆さんキャンプを楽しんでいました。


着いたのは16時頃でしたがしばしその辺を散歩して一休みしたらもう夕食の時間です。
明日は朝イチで鯉が窪湿原に行く予定なので、早めに夕食をとることにします。


カメラを持ってぶらついた後食事の準備をしにコテージに戻ったらここで問題が!!
なんでも夜に楽しもうと思ってたトランプやUNOを忘れたんで、その辺で買ってこいと言う
命令が下ったのです。

ここは山の上ですし、この辺にそんなもの売ってる店があるのかしら?
とりあえずダメ元で管理人室にそういうレンタルはあるか聞きましたが答えはもちろん「NO」。
そりゃそうだ。

この辺に店はあるかと聞いたら、下の街まで降りて高速インターの近くなら幾つか店があるという情報を入手。
妹の旦那を引き連れていざトランプとUNOを探す旅が始まったのでした・・・。


町に出るといってもさっき来た道を戻るだけなので、来るときも運転した私にとっては割りと楽な仕事。
とりあえず、一番大きな(というかそこしかない)スーパーに寄ってまずは日用品コーナーを物色。
が、見当たらない。

車に戻り地図とにらめっこしながら、妹の旦那とどこに行くかあれこれ言いながら近隣の店を虱潰しに調べていきました。

ホームセンターやドラッグストアにいきそこの文房具コーナーや日用品コーナーによってもない。
最悪来たときに見たコンビニとかなら置いてあるかしら?と諦めモードの中「本・ビデオ・CD」の看板が!
もしかしたら本屋の雑貨コーナーにならそういうのあるかも。
そう思い試しに立ち寄ってみたら・・・。

あった!!
やはり狙いは間違ってなかった!
とりあえず任天堂のトランプとUNOを購入し、キャンプ場まで戻ることに。
帰りがけにコンビニに寄っておやつも買っていきましたが、そのとき「ここは俺が払っときます」と妹の旦那が言ったのは先に私がトランプとUNOを買ったことに対する配慮かしら?
まぁ、2つで2000円オーバーくらいの値段聞いてビビってましたが・・・。
トランプとかってちゃんとしたの買うの高いですよね。
UNOもプラスチック製じゃないのに1000円くらいするし。


さて、コテージに戻ればもうほとんど夕食の準備はできてました。
そりゃそうか、メインはレトルトカレーだし。
あとは持ってきた野菜を盛り付けてサラダができてました。
さて食事も済んで風呂に入るかってときに、ふと外に出てたメンバーから「星がキレイだぞ!」という声が!
そういうのは風呂入る前に言って!!


というわけでせっかく洗ったのにまた外に出てカメラを構えることに。
でも三脚持ってきてないからブレブレですな。
そういうやキャンプ場行くから三脚こうかな、とか思ってたなぁ。
すっかり忘れてた。


地面に置いてレンズを上に向けて1枚。
え?何も見えないって?


ならこれで!
こういう星撮りはどちらかというとキヤノンの方が得意なんですよね。
なんでも長時間露光した時のノイズの処理がキヤノンの方が得意なんだとか。
そのへんはやっぱセンサー作ってる方が有利なのかもしれませんねぇ。
最新機種ならそうでもないみたいですけどね。


ちなみに月も撮ってみましたが星撮りの設定のままだと眩しい!
月ってホント眩しいですよね。
写真撮るときの設定も昼間並の設定にしなきゃ白飛びしちゃいますしね。
ここまで明るいならそりゃ星を撮るときは月が出てたら邪魔になるだろうなぁ。

というわけで今日の岡山旅行はこれにて終了。
明日は朝から鯉が窪湿原に行く予定ですが、その後どこを観光しようかなぁ?

Artikel Terkait

Previous
Next Post »

Popular