丹波高源寺の紅葉

11月 12, 2016

前回、山陰旅行に行った時は思う存分紅葉を楽しむことができなかったため、今回は丹波市に赴いてリベンジを行うことにした。
まず、行った場所は高源寺。
真っ赤に染まる山門の写真が有名なところだが、どうやら真っ赤になるのはまだ先のよう。
今回もちょっとタイミングを逃しただろうか・・・。
ただ、受付の人は今年一番の見頃と言っていた。
やはり、段々と紅葉の色づきがわるくなってきているのだろうか?


到着した時刻は9時過ぎ辺りだったが、この時刻は山門を撮ろうとすると逆光になるようでここにくるのは恐らく夕方あたりがいいだろう。


まだ薄暗い参道を歩いて行く。


見ての通り完全に色が変わっているわけでなく、まだ緑の木々も目立つ。


ただ雰囲気はいい。
来年またタイミングを見計らって来てみたい場所だ。


その時は別の場所を先に見てから赴くとしよう。
いざその場所に行ってみないと最適な時間帯や写真を撮るスポットが分からない。


一発目から上手く撮ろうと気張るのでなく、まずは下見感覚で撮ってる方が気が楽でいい。


仮にベストシチュエーションじゃなくても次回また来ようというモチベーションにも繋がる。
人生は長いんだ。
今回だけで完結する必要など無い。


見てると多くの人がカメラを片手に境内を散策していた。


三脚を使用している人は慣れた人なのだろう。
私も車に積んできてはいるが、使う予定はない。
こういう場所は人通りの邪魔になることが多いし、何より機動力を優先したいからだ。


境内を進むと三重の塔があった。


ここも撮影スポットになっているようで後から後から人が来る。


ただ、この時間はまだ薄暗いので写真を撮るには最適な環境とはいえない。


どんな画角で納めればいいかぐるっと回りながら検討する。


上から見下ろすようにも撮ったがちょっとイマイチな写真しか撮れなかった。
う~む、難しい。


グルッと境内を周り、高源寺の撮影は終了。


次の目的地に向かう。
今回はまる1日撮影にするつもりはなく昼には帰路に付く予定。
次の場所で今回の日程は終了だ。

Artikel Terkait

Previous
Next Post »

Popular