丹波市 一の宮神社のキリシマツツジ 

5月 03, 2017
GWもいよいよ後半戦。

4月29日、30日は何もせず、5月1日、2日は休むことなく働いてたんで実質今日からGWみたいなもんですね。

今日は朝も早くからおにぎり握って車に荷物を積めて出かけたのですが、まさか7時30分に家を出ても一般道で大渋滞に巻き込まれるとは思いませんでした…。


当初の予定とは1時間も遅れての現地到着となりましたが、どうやら早くこなければ混んでるんじゃ…というのは杞憂だったようです。



やってきたのは丹波市にある一の宮神社です。

ここのキリシマツツジは見頃になるとほんと境内一面が真っ赤になってきれいなんですよね。

最近はHPやブログなどで紹介されてるんで人も一杯いるんじゃと思い、朝早くから出かけたわけですが。




なんともガラガラの駐車場。

この一の宮神社では4月30日にキリシマツツジ祭りが開かれていたようですが、去年は遅すぎて散ってしまった後に開催。

そして今年はまだ咲く前に開催されたそうな・・・。

同じ丹波市の白毫寺の九尺藤とは大違いですね。

祭りの前後では駐車場代として300円支払うことになりますが、2年前も去年もそんなことなかった気がするんできっとタイミングをズラしてこちらは行っていたんでしょうね。




係の人に300円支払いいざ出発。

まずは一の宮神社でなく駐車場からすぐそこにある粟嶋神社にお参りに行きました。

こっちに行ったのは初めてかな?



こぶりな社ですが、森の中もあってか薄暗く落ち着いた雰囲気の神社です。




そしてお目当てのキリシマツツジを見るために一の宮神社へ。

こちらの藤はもう8割9割方咲いてますね。

今日の開花状況を丹波市観光会のHPで見ますと、一の宮神社のキリシマツツジは満開、白毫寺の九尺藤は3分咲きとありました。

白毫寺の九尺藤は開花が他の場所の藤より少し遅いのでしょうか?




一の宮神社の拝殿は少し坂と階段を上がったところにあります。




去年はもう散ってしまって殆ど見えなかったキリシマツツジの真っ赤な花が今年は坂の途中からも顔を覗かせています。




おーやっぱりキレイですね。

ただこれでも満開ではないですね。

ここのキリシマツツジは満開になるとほんと境内が赤一色に染まるという感じです。

花のボリュームもまだスカスカですし、見頃はもうちょっと先だったか・・・。




まぁ、遅かったらまた来年ですが早く来たならもう一度来ればいいだけ。




GWもまだ始まったばかりなので最終日あたりに行ってみましょうか。




今回は不発でしたが、このGWの楽しみがまた一つ増えたと言えます。




後は天気が心配ですよね。

週末はあまりいい天気ではないと聞いています。




う~ん、快晴でなくていいからせめて雨が降らない事だけ祈っています。




さて、最初は不発に終わりましたがGW初日、丹波観光の旅はまだ始まったばかり。

続いては丹波市の紅葉の名所を巡り春の青もみじツアーと洒落込みますか。

今回始めて訪れる場所もあるので楽しみです。

さて今回はどんな旅になるかな?

Artikel Terkait

Previous
Next Post »

Popular