まさに革新的!!超コンパクト三脚 Velbon ベルボン UT-63

2月 06, 2018

驚異の伸縮比「ULTREK」



さて今回の旅行で新たに手に入れた三脚がこのベルボン「ULTREK」シリーズの三脚です。
これまでにも三脚の脚を反転させ収納時の長さを抑え、コンパクトに持ち運べるタイプの三脚はあったのですが、コンパクトに納めれば収めるほど多段タイプの足になり強度とトレードオフとなってきました。



強度をあげようと思うと脚を太くする、するとコンパクト性は下がる。
コンパクト性を上げようと脚を細く多段にする、すると積載可能重量が減るわけです。
ですがこの「ULTREK」シリーズはコンパクト性と積載可能重量を上手く両立させた革新的な三脚なんですよね。

百聞は一見にしかず。
実際を見ていきましょう。


Velbon UT-63



箱から取り出した状態ですが、この時点で大変コンパクトです。
「ULTREK」シリーズは数年前から発売して私もその存在は知っていましたが、2016年にシリーズをリニューアルし新たな雲台が装備されたみたいですね。



それがこちらの雲台。
パン方向独立ストッパーに加え、トルク調整機構を搭載しており、機材の質量に合わせて作動時の重さ(トルク)を調整できるようになっています。
アルミ削り出しのボディは質感が良く、ヌルっと動く各ダイヤルの操作感はたまりません。
結構人気な商品で出始めの頃はヨドバシ梅田でも品薄状態になっていたと店員さんが言っていました。




今回購入したUT-63はリニューアルした「ULTREK」シリーズでも最上位のモデルです。
これだけコンパクトなのにフルサイズ一眼レフカメラにも対応しており、推奨積載重量は3kg!!
縮長が282mmと30cm以下なのに全高1550mmまで伸びるのも魅力的。

この他にミドルクラスの一眼レフカメラ向けの「UT-53 推奨積載重量2.5kg」、ミラーレス一眼カメラや小型一眼レフカメラ向けの「UT-43 推奨積載重量2kg」があります。

また最近推奨積載重量が4kgまでもつカーボンファイバー製の「UTC-63」が発売されたのですが、値段が高いことと縮長が360mmとそこまでコンパクトじゃないことから今回は「UT-63」を選びました。
縮長360mmでも十分短めだと思うのですが、カバンやリュックにサッと突っ込むには300mm未満の方がありがたかったのです。




手に持つと改めて三脚のコンパクト性を実感しますが、重量は1.62kgありますのでそこまで軽くは感じません。
ズッシリとしたボディですね。




脚を伸ばすとこんな感じ。
普通の三脚はこの状態が収納状態ですよね。



この三脚の脚は普通の三脚の脚と違って格段にロック用のネジやレバーはありません。
ダイレクトコンタクト」と呼ばれるシステムで脚を直接回転させ、緩めたり閉めたりします。




私も最初どういう機構かよくわからなかったのですが、ヨドバシ梅田の店員に実演してもらい「へー」と感心してしまいました。
まず脚を伸ばす時は先端の部分を握り、ロック解除の方向にググっと脚を回します。
すると「カッカッカッカッ」と格段の脚のロックが解除されていくわけです。




全ての脚のロックが解除されたらグーッと全体を伸ばしていきます。




そして足が伸び切ったら再びロック方向に脚を回します。
すると「グッグッグッグッ」とすべての脚のロックが締まります。
ようは先端の動作だけですべての脚を操作できるんですよ。

この機構は好みが別れるところであり、細かく長さを調整したいって人からしたら煩わしい機構でしょうが、スッと伸ばしてスッと畳みたい人からしたら夢のような機構です。
慣れたら20秒以内で展開と収納が可能となります。

段数が少ない三脚ならロック箇所も少ないのでサッと展開できるかもしれませんが6段の三脚ともなると本来なら1本の脚につき5箇所のロックが必要になってくるわけですよ。
3本の脚で合計15箇所のロックになり、それを逐一解除して伸ばし一つづつロックしていくとか考えたくもありません。
コンパクト性かつ使い勝手もとことんこだわった素晴らしい機構だと思います。




実際今持っている積載重量3kgの三脚とくらべてみましょう。
同じくVelbonのNeo Carmagne 535ですがサイズが倍以上違いますね。




脚を伸ばしたらほぼ同じ大きさになります。
Neo Carmagne 535の方はエレベーターを最大まで伸ばせば全高1730mmとなりUT-63より20cm程度長くなりますけどね。




UT-63を限界まで伸ばしたらこんな感じ。
これだけあれば十分ですよね。
脚が細いので貧弱に見えますが、これが意外としっかりしているんですよ。
実物を見てそこが一番ビックリしました。

他社のコンパクト三脚も売り場に展示されていましたが、はやりコンパクトな分軽くていいのですが、上から抑えてやるとグラグラするんですよ。
積載重量も2kg程度でした。

ですがこのUT-63はホントシッカリしていてビックリです。
これなら使える!と思い、今回の旅行に合わせて急いでかったのですがもう大満足!!




いつも使っているZKINのカメラバッグにも余裕で入ります。




見て下さい、この余裕!!
今回はスーツケースの空きスペースに入れての持ち運びになりますが、普通の三脚は2泊3日用などのコンパクトなスーツケースには入りませんからね。

新しく買ったこの三脚はどこにでも持っていけそうです。
今年の旅行のお供にちょうどいい相棒が手に入りましたね。

さて今回の諏訪旅行ではどんな活躍をしてくれるのか今から楽しみです。

Artikel Terkait

Previous
Next Post »

Popular