京都嵐山紅葉巡り in2018 その2 ~祇王寺~ 

11月 11, 2018

色づきはこれからだけど…祇王寺


祇王寺まで歩いてきたわけですが、この時間帯はこっちの入り口は影になってるんですね。
いつも午前中の朝早い時間帯に行くので知りませんでしたが、祇王寺は午前中に来たほうが太陽の位置的にいいかも。




まぁ、せっかく来たのだから中に入ってみますか。
相変わらずここは外国人が多いです。
いや、京都の町は外国人が多めなんですが、ツアーに組まれてないのか団体さんでのお越しは見ないんですよ。

カメラをしっかり抱えたコアな観光客が来てるイメージです。



中は色づき始めといった様相ですが、これはこれでいいですね。
日も傾きかけており、影と日の当たるところの明暗差が結構大きい。



苔の上に舞い散る紅葉はキレイですねぇ。
ここの庭はいつも丁寧に管理されており、いつ来てもうっとり眺めてしまいます。



もっと全体が色づいたら別世界に見えそうです。
苔の緑とのコントラストも映えそうですよね。



ここの写真だけ見ると色づきも中頃に見えるのですが、実際は周りはまだほとんど緑。
写真マジックと言うやつです。
実際に置くの紅葉はまだきれいな緑色ですしね。

必要なところだけ切り出すのが写真の真骨頂ですよね。



園内には人がちらほらいるのですが、そこまで多くないので目立たないよう撮ることは出来ます。



あえて逆光で撮ってみたり。
ライカのレンズは逆光に弱いのでなんとかフレアやゴーストが出ないよう太陽を葉などに隠しながらの撮影です。



これはどう頑張ってもゴーストが写っちゃいますね。
まぁフレアは画が締まらないので嫌いですけど、ゴーストは表現の一つとしてありだなと思うので結構好きなんですよね。



祇王寺はこれにて終了。
この具合だと嵐山はまだまだ見頃ではなさそうです。

せっかくここまで来たのですから、あと一つすぐ上にある滝口寺にだけ寄って帰ることにしますかねぇ。

Artikel Terkait

Previous
Next Post »

Popular