DeLOCK SDXC/SDHC/SDカード→CFカードTypeII変換アダプタ

7月 04, 2016

今回紹介するのはこちら。
前からずっとほしいと思っていたSDカードをコンパクトフラッシュ(以降CF)に変換するためのアダプターあります。
今回はAmazonにて2300円くらいで購入しました。

私はちょっと古めのカメラを使っているのでまだまだCFが現役なわけですよ。
しかし時代が過ぎてもCFはまだまだ高い!
SDカードと比べて書き込み速度が早いとか信頼性があるとかそういったメリットもわかりますが、64GBを価格コムの最安価で調べても4,700円程度はかかるんですよ。
SDカードなんて今CLASS10の安いのなら3000円ちょいで128GBが買えますからねぇ。
もちろん転送速度に大きな差があるとしても連射をしない私にとってはCFはコスパが悪いと言わざるをえないんですよね。
とはいえ、CF使うカメラがなんだかんだ行って3台になったんでここはちょっと汎用性広げようとこのSDカードをCFに変換するためのアダプタを購入したわけです。


使い方は簡単。
このアダプタにSDカードを差し込むだけ。
取り外しもプッシュ式なんで詰まる心配なくて安心ですね。
ただ、CFにはType ⅠとType Ⅱがあるんですよ。
その違いは厚みでType Ⅰが3.3mmでType Ⅱが5mmとなっています。
当然薄いType Ⅰの方はType ⅠとType Ⅱどちらのスロットでも使用できますが、厚い方のType ⅡのCFはType Ⅰのスロットでは使用できないので注意が必要です。

私は何も考えずEOS-1D Mark ⅢのCFスロットがType ⅡだったのでType Ⅱのアダプタにしましたが、汎用性考えるならType Ⅰの方にしとけばよかったですねぇ・・・。
ちなみにお値段変わりません。
私が持ってる機種だとD700がType Ⅰのスロットでこのアダプタでは入りませんでした。


SDカードを入れた状態です。
こんな感じにすっぽり入ります。
取るときはSDカードの頭をちょっと置くに押せばロック解除で手前に押し出されてきます。
結構使い勝手はよさそう。


さっそく新しく買ったEOS-1D Mark Ⅲで試してみることにしました。
このカメラはSDカードとCFのダブルスロットです。
ただしSDカードの方はSDHCまでしか対応していないため、最近の大容量タイプのSDXCは読み込めません。
なので32GBまでのSDHCカードまでしか対応してないんですよね。
古いカメラを中古で買う方はそのへんの対応もしっかりチェックしてくださいね。

ちなみにこのアダプタはSD/SDHC/SDXCと今のところすべてのSDカードに対応してるので安心です。


さて、まずは上の写真でも出てきたSDXCカード「Transcend 64 GB」を1D3のSDカードスロットに差し込んでみます。
当然、1D3はSDXCには対応してないためカードの初期化ができず使用できません。
しかし、その64GBのSDXCをCFアダプタに挿し、CFスロットに入れてみると・・・。


な~んと!ちゃんと64GBのCFとして認識したじゃありませんか!
もちろん、このまま初期化して問題なく使えました。
通常であれば32GBのSDカードまでしか使用できない1D3もこのアダプタを使用することで32+64GBまでのSDカードが搭載できるようになりました。
やろうと思えば128GBだって256GBだって積めるかもしれません。
そうなればもう長期旅行に行ったってメモリの容量の心配は一切しなくてもいいですね。
ただ信頼性がイマイチなんでそこまでメインで過信して使いたくはないですが。


撮影可能枚数もすごいことになっています。
いや~、この手の変換アダプタは割と粗悪なしなが多いのでいつも冒険になりますが、これは使えるかもしれません。
今のところそこまで不具合は起こっていませんね。

そんな感じで旅行前にメモリーカードの増備も行えたということであとは使いまくって試すのみ。
今から撮影が楽しみです。

Artikel Terkait

Previous
Next Post »

Popular