九州旅行記 1日目 別府湾SA ~恋人の聖地と明太釜玉うどん~

10月 07, 2016

大分港に付き借りたレンタカーで走ること1時間。
フェリーで来たのだからそのまま車も運んで来ればいいのにと思う方もいるかもしれないが、実際フェリーで車を運ぶより現地でレンタカーを借りたほうがかなり安い。
例えば一番安いツーリストで乗ってもコンパクトカー(車長4m未満の乗用車)+運転手一人で片道21,800円かかる。
往復で43,600円となると流石にアホらしくなってくる。
ちなみに現地でコンパクトカーをレンタルすれば2箔3日でも15,000円ほどだ。

ホントは好きなマイカーで九州の地を走り回りたかったが仕方がない。
今回はマツダのデミオ(妹もこの車に乗ってるので慣れてはいる)を使い旅をすることとなった。


最初に寄ったSAは上の写真にあるよう別府湾SAだ。
そろそろ朝食を取りたくて寄ったわけだがサービスエリアの名前の通り、ここからなら別府湾を一望できる。
また、知らなかったがここは恋人の聖地とも言われているようだ。

寝ぼけて撮ってしまったためか上の写真はホワイトバランスが狂っている。
これはこれで良い空気感だなぁと今回載せては見たが、ちゃんとしたホワイトバランスで撮るとこうなる。


うんうん、これでいい。
私は基本的にホワイトバランスはオートホワイトバランスのモードに設定しカメラに任せている。
もし仮に気に入らない結果になったとしてもRAWで撮っておけば後で編集できるので気軽でいい。


ちなみにこちらが恋人の聖地のモニュメントとかなんとか。
今日はあまりいい天気でないらしいが、雲の隙間から指す日差しがなんか幻想的でいい。
これから始まる旅行の幸先の良いスタートを切れたのではないだろうか。


そんな始まりの日はこの明太釜玉うどんから始まった。
お値段550円なり。


ここはカレーとかが有名らしかったがどれも700円や800円ほどしさっと食べる朝食としては高いかなと思いスルーした。
コシのあるうどんにガッツリ盛られた明太子がケチ臭くなくていい。
さすがは九州といったところ(?)。
コイツを食べてあと2時間ほど走ったら最初の目的地である角島である。
さて、それまでに天候は回復してほしいのだがどうなることやら・・・。

Artikel Terkait

Previous
Next Post »

Popular