信州旅行記三日目 その1 ~なんだか落ち着く 十割手打ちそば処 福田~

9月 24, 2018

蕎麦を100%楽しむ! 10割蕎麦のお店


今日は朝から知り合いとコメダ珈琲でお話した後、上田市まで向かいました。
お目当ては10割そばが食べられる「十割手打ちそば処 福田」。




今回の旅は美味しい蕎麦を食べるのも一つの目的ですからね。
上田市内でも蕎麦屋はいくつかったのですが、ここが十割蕎麦が食べられること、そしてボリュームも有り評価も高かったので寄ることにしました。



駐車場は何台か車が止めれるのですが、昼時に行ったときはギリギリ1台分空いてるかって感じでした。
店に入ると「チョット外で待っといて」といわれ、入口近くの椅子に腰をおろして待つこと数分。
一番調理場に近いカウンターに案内されました。



壁に貼ってるメニューから何を頼むか決めますが、正直もう1択でした。
「天ぷら付きもり 1,450円」を注文。

周りを見渡すと皆さん同じようなのを注文してるみたいですね。



なんせ横の張り紙にこんなことが書いてありますしね。
天ぷらと蕎麦には自信があるお店なんですよ。



厨房の中ではせっせと蕎麦が茹でられ天麩羅が揚げられていますが、調理してるのは年配の男性一人だけみたい。
なので、いっぺんに作れる量が限られ注文をしてから蕎麦が出てくるのは混んでるときは結構掛かるかも知れません。



蕎麦は当然信州産。
それも青木村という地域限定栽培の蕎麦を使っているみたいですね。



ちょっと時間かかってるな、と思っていたらようやく天ぷら付きもりが登場!!
見てくださいこの蕎麦の量!

せいろにちょぼっと盛ってるのとは大違い!
これでもかってくらい皿に盛られています。



また天ぷらもたっぷり。
海老やかぼちゃやブロッコリーなどなど。
季節の野菜がたっぷりで食べごたえありますよこれ。

塩で食べることを勧められたんですが、確かにこれは塩であっさりいってもいいですね。
ただ、つゆにつけても当然美味い!



そして十割蕎麦。
ここの十割蕎麦は結構白いですね。

私が前に松江で食べた十割蕎麦は結構黒く、蕎麦の香りたっぷりの蕎麦だったんですけど、これはそれより上品な感じ?



箸で持ち上げてもボロボロ崩れることもありません。
ちゃんと打たれていますね。

小麦粉のつなぎを入れない十割蕎麦は打つのが結構難しいそうです。
まぁ、別に混ぜものしてるから駄目かってわけでもなく、つなぎの小麦粉を入れた方がのどごしやコシなども出ますからね。

それはどんな蕎麦を打つか、打ちてのこだわり次第ですよね。
一般的に二八蕎麦(小麦粉2:そば粉8)が黄金比なんて言われていますけど、私は十割蕎麦も大好きです。

ここの十割蕎麦もすごく美味しかったですよ。
あと漬物がしっかり使ってて高評価。

店の雰囲気もいいですしね、また機会があれば来てみたいですね。
いい店を見つけました。

さて、お腹もいっぱいになったところで次の目的地に向かうとしましょうか。

Artikel Terkait

Previous
Next Post »

Popular