嵐山旅行記 その9 ~隠れた名所 宝厳院~

4月 21, 2018

11:57 宝厳院到着

 Leica M -P+ Summicrom-M 1:2.0/35 ASPH.

さて、天龍寺から本通りに戻らず細めの道をグルっと回ってきた先に宝厳院はあります。



別に天龍寺の正門まで向かわなくても間を抜けれるんですが、せっかくなんで今回は正門まで戻った後、改めて宝厳院の方に向かいました。





 Leica M -P+ Summicrom-M 1:2.0/35 ASPH.

大勢の人混みを想像して行ったわけですが、入り口に到着するや拍子抜けしてしまいました。
人がぜんぜんいません。




 Leica M -P+ Summicrom-M 1:2.0/35 ASPH.

一応、天龍寺派の寺院で庭園や建物は時代劇の撮影などにも使用されているくらいですから、大人気!と思ったんですけどね。




 Leica M -P+ Summicrom-M 1:2.0/35 ASPH.

まぁ人が居ないにこしたことはないので、思う存分撮影が楽しめました。




 Leica M -P+ Summicrom-M 1:2.0/35 ASPH.

個人的にはやはり天龍寺の庭よりこちらの庭のほうが見応えありましたかねぇ。




 Leica M -P+ Summicrom-M 1:2.0/35 ASPH.

天龍寺の方が面積は広いのでしょうが、こちらのほうが遊歩道が一筆書きですし雰囲気も落ち着いています。




 Leica M -P+ Summicrom-M 1:2.0/35 ASPH.

そして肝心の苔ですが。




 Leica M -P+ Summicrom-M 1:2.0/35 ASPH.

やはり今日のシチュエーションでは苔撮影はちょっとイマイチかな?


 Leica M -P+ Summicrom-M 1:2.0/35 ASPH.


苔の写真はまた梅雨時期雨上がりにでもまた来て撮ろうかしら。


 Leica M -P+ Summicrom-M 1:2.0/35 ASPH.

というわけで今日は青空を撮って帰りました。


 Leica M -P+ Summicrom-M 1:2.0/35 ASPH.

これにて嵐山旅行で見るところはすべて終了。
あとは駅に向かうのみとなりました。

旅行は家に帰るまでが旅行です。
というわけで嵐山旅行記はもう少しだけ続きます。

Artikel Terkait

Previous
Next Post »

Popular